住宅を売る前に知ること|不動産会社でお気に入りの部屋を見つける極意

不動産会社でお気に入りの部屋を見つける極意

内観

住宅を売る前に知ること

ビル

返済が難しくなったら

新築や中古で家を購入するには、一括で支払うのが難しいため住宅ローンを利用することになります。この住宅ローンは安定した仕事に就いてある程度の収入があれば利用できますが、購入した住宅は完全に自分のものとはならず、抵当権は融資をした銀行など債権者のものとなります。この状態では自由に売買することが不可能なのですが、何らかの理由で住宅ローンの支払いが不可能になった時、通常なら裁判所を通じた競売となるのですが、売却価格は相場よりも低いため残債に充てる金額が少なくなります。ここで役に立つのが任意売却で、銀行などの債権者と話をして売買する許可を得ることができれば、後は不動産の腕次第ということになって一般的な相場より高い金額で売ることが可能となります。

売却で得られるメリット

任意売却は債権者との直接交渉が基本となりますが、その交渉において物件が売れるまでの費用はかからず、さらに売却後の引越しの費用についてもいくらか配分してもらうことも可能です。実際に任意売却の交渉は難しいのではないかと思われるかもしれませんが、競売にかけられると相場より2〜3割は安い価格となってしまうため、債権者としても回収できる金額は少しでも多い方が良いと考えています。そのため、住宅ローンの支払いが滞った債務者を呼び出し、残債を減らすために任意売却を進めてくる金融機関も少なくありません。住宅ローンの返済の遅延が起こると3〜6ヶ月ほどで財産の差押えがかかるため、その間に債権者と交渉して売却が出来るようにしておく必要があります。