家や土地の売却の注意点|不動産会社でお気に入りの部屋を見つける極意

不動産会社でお気に入りの部屋を見つける極意

内観

家や土地の売却の注意点

模型

物件知ろう

売却することが可能な家や土地は不動産売却として高値で取引されますが、手放すのが惜しかったり、様々な理由で失敗することもあります。特に注意しておかなければいけないのが、登記内容が購入時と異なっている場合です。土地の地積が何故か異なっているがあると、不動産売却でトラブルを起こしてしまいます。地積は測量しないと正確には出せないので、法務局で地図を取ってみるなどしなければいけません。また、遺産相続で頻繁に起こり得ることですが、住宅ローンを使用して購入した家は金融会社に抵当権が付いていることがあります。完済後に自動的に消えるわけではないため、そのまま放置して残っていることもあるようです。この権利を削除しないと不動産売却をすることができなくなるので、自分が購入した家でない場合は確認しておくことが大切です。

売却価格の相場を知ろう

必要のなくなった家や土地を売る際には、まず不動産会社に売却査定を依頼することになります。この査定によって出された金額で不動産売却をすることになるのですが、実際には売れそうな価格であって売れる価格とはなっていません。1社だけで査定を出すと高いのか安いのか判断がつかず、下手をすると高額で取引されるものが予想以上に安い価格で買い取られてしまうということもあり得ます。過去の実績から算出される査定額なので、不動産会社としては騙すつもりがなくても、安くなることも多いようです。そのため、査定依頼をする場合は1社だけでなく複数社に一括査定を依頼して、自分の条件にあったところにお願いするのが一般的です。一括査定は直接不動産会社に行くのは面倒ですが、インターネットからまとめて依頼することもできるので上手く活用すると良いでしょう。